読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即日で最短の時間指定がしたくなるほど!?かわせみの購入ならココのお店 2017年度

今後の展開が楽しみです。東吾たち前作の主要メンバーは行方不明になったり死亡したりと容赦ない平岩クオリティですが!一方で嘉助やお吉などちゃんとしぶとく生き残っていて安心。御宿かわせみをずっと読んでるファンとしては!読まずにはいられないでしょう!!!いきなり宗太郎一家の悲しい出来事もあるなんて…。

コスパがいい!

2017年02月24日 ランキング上位商品↑

かわせみ新・御宿かわせみ [ 平岩弓枝 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

本の帯の登場人物を読んでびっくり。。長い間このシリーズは読んでいたので、いったい何事が起こったのかを知るのが怖いようでもあり、でも知りたくもあり。東吾さんの事が気になります。来日した外国人たちが日本語流暢なのは突っ込みどころですがそれを気にするのは野暮。読むまでは時間がかかったけど、読み始めたらあっという間に読んでしまいました。明治維新後!暦が太陽暦に切り替わった頃を舞台に次世代のメンバーで始まるかわせみ。今後がたのしみです。日本史の授業では江戸から明治になると新しい気分になる感じがしたのですが!小説ではそうとも言えないですね。もちろん内容が悪いわけではないのですが。。近くのコンビニでの受け取り!便利だなと感心しながら。東吾さんの行方は?麻太郎と源太郎の活躍も面白いですが!以前のシリーズのとき以上に出番の多い!通の進に期待大です!とても楽しみに待っていた本ですが!読後とっても重い気分になりました。新御宿…楽しみです。日本史の授業でも幕末から明治のあたりはたどり着いたことがないので、興味深く読みました。子供らの活躍が多くなっていき!それでも〆るところでは!東吾さんや畝さん!宗太郎が締めてくれてたのが!3人のうち2人までいないなんて。麻生家殺人事件は意外にもこの巻で解決話が描かれておりすっきり。このシリーズは大好きです。新シリーズになってしましました。新しい時代の『若先生』たち世代の活躍が目立つ中おなじみメンバー熟年パワーとバランスよく描かれていたようです。これまでは文庫本で買っていたのですが!「新」からは!待たずに読める単行本でいこう!と思い!買い始めることにしました♪「新」になり!江戸時代から明治時代へ!親世代から子供世代へと!いろいろな変化がありまして!親世代に愛着が深かった分!ちょっとさびしい気持ちもあり・・・。。でも!「確実に!これは遺伝だねぇ〜」と思わせてくれる子供たちの姿に!ついつい親目線で応援してしまいます(笑)御宿かわせみシリーズの愛読者!今回本屋さんに無くて検索して初めて楽店ショップでの購入です。